Data API Library for Xamarin(その12・アイテムのアップロード)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Data API Library for Xamarinの解説その12です。
今回はアイテム(画像等)のアップロードを解説します。
なお、今回でData API Library for Xamarinの解説は最後です。

1.アップロードの手順

アイテムをアップロードするには、「uploadAsset」という名前のメソッドを実行します。
引数としてDictionary型のオブジェクトを渡します。
また、このオブジェクトには以下の値を代入しておきます。

キー
site_idアップロード先のサイトのID
fileファイルのパス

2.事例

例えば、変数site_idとfile_pathに、アップロード先のサイトのIDと、ファイルのパスが代入されているとします。
このファイルをアップロードするには、以下のようなコードを実行します。

Dictionary<string, string> param = new Dictionary<string, string>();
param["site_id"] = site_id;
param["file"] = file_path;
resp = await api.Send("uploadAsset", param);
if (resp["error"] != null)
{
    アップロードに失敗したときの処理
}

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください