Data API Library for Android(その8・オブジェクト更新系メソッド)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Data API Library for Androidの解説その8です。
今回は既存のオブジェクトを更新するメソッドの使い方を解説します。

1.メソッドの一覧

オブジェクトを更新するメソッドの名前は、「update○○○」のような名前になっています。
引数として、サイトのID/オブジェクトのIDと、更新するオブジェクトを取ります。

各メソッドで必要なIDは、以下の表のとおりです。
また、オブジェクトはJSONObject型の変数で表します。

メソッド名必要なID
updateUseruser_id
updateEntrysite_id, entry_id
updateCommentsite_id, comment_id
updateTrackbacksite_id, ping_id
updateCategorysite_id, category_id
updateFoldersite_id, folder_id
updateAssetsite_id, asset_id
updateEntrysite_id, entry_id
updatePagesite_id, page_id
updateSitesite_id
updateRolerole_id
updateLogsite_id, log_id
updateTemplatesite_id, template_id
updateTemplatemapsite_id, template_id, templatemap_id
updateWidgetsetsite_id, widgetset_id
updateWidgetsite_id, widget_id
updateFieldsite_id, field_id
updateFormattedTextsite_id, formatted_text_id

2.事例

以下のような状況だとします。

  • サイトIDと記事のIDが、変数siteID/entryIDに入っています。
  • 変数title/bodyの値で、記事のタイトルと本文を更新します。

この状況で記事を更新するには、以下のようなコードを実行します。

JSONObject entry = new JSONObject();
try {
    entry.put("title", title);
    entry.put("body", body);
} catch (JSONException e) {
    e.printStackTrace();
}
DataAPI.send("updateEntry", siteID, entryID, entry, new DataAPIListener() {
    @Override
    public void onResponse(JSONObject resp) {
        記事更新完了時の処理
    }

    @Override
    public void onError(VolleyError error) {
        記事更新に失敗したときの処理
    }
});

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください