The blog of H.Fujimoto

Personal Computer, Financial Planning, etc...

お知らせ

karauri.jpg

拙著「上手に稼ぐカラ売りテクニック」が発売されました。
株価が下がる局面で利益を得ることができる「空売り」について、詳しく解説した本です。
自由国民社刊で、定価1,512円(税込)です。

相変わらず預貯金の金利はほとんど0で、預貯金ではお金を増やすことはできません。
かといって、「ハイリスク・ハイリターンの商品に手を出すのは怖い」という方も多いことでしょう。

そのような中で、ミドルリスク・ミドルリターンの金融商品も、徐々に増えてきました。その1つとして、「オプションマスター」というものを紹介します。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください


本当に出た499ドルのMac

先日「499ドルで買えるMacが出るらしい」という記事を書きましたが、11日(米国時間)から開催されている「Macworld Conference & Expo 2005」で正式に発表されました。その名も「Mac mini」です。
日本でも1月29日から発売され、値段は58.590円(税込み)ということです。すでに、Appleのホームページで注文できる状態になっています。

製品情報はこちら

値段が安いだけでなく、コンパクトで場所を取らず(大きめの弁当箱ぐらい)、またデザインも良くて、Windowsマシンユーザーにも訴求する製品だと思います。

早速注文してしまいました(笑)。届いたらここにもレポートを書く予定です。


あしたば青汁

以前に「青汁の思わぬ効果」という記事を投稿しましたが、これまでに飲んでいたのは、CM等で有名な「キューサイの青汁」でした。
キューサイの青汁はケール100%ですが、ケールだけだとやはり青臭さがあります。そこで、ケール以外のものが入っている青汁として、明日葉入りの青汁を試してみました。

明日葉入りの青汁は、ケールだけの青汁に比べると、青臭さが幾分ましで飲みやすかったです。また、便秘への利き具合も、ケールだけのものとほぼ変わりないようです。

「青汁は青臭くて・・・」という方は、一度明日葉入りのものを試されてみてはどうでしょうか。
ちなみに、私が試してみたのは「あしたば青汁」という製品です。


2005年10月3日 サーバーの移転に伴い、PHP版ダイナミックパブリッシングから、自作のPerl版ダイナミックパブリッシングに変更しました。

このBlogをダイナミックパブリッシング化しました。

先日書いたように、いくつかのタグに不具合がありました。さらに、MTCommentタグとMTPingsタグにも不具合が見つかりました。
ただ、自力で直せるところはPHPプラグイン等を作って何とか直して、一応まともに表示できるようになりました。

また、動的生成のメリットを生かして、1ページに10件ずつ情報を表示し、次のページや前のページに移動できるようなPHPプラグインも作って、入れてみました。
静的生成だとMTPaginateというプラグインがありますが、それと似たような処理をするものです。

ついでにスタイルシートも変えて、メインのサイトとほぼ同じ雰囲気にしました。


Movable Typeの3.1以降では、「ダイナミックパブリッシング」という機能が追加されています。

ダイナミックパブリッシングは、ページにアクセスがあった時点で、動的に出力を生成する機能です。従来のような静的な再構築と比べると、以下のようなメリットがあります。

・再構築の時間が短くて済む
・Webサーバのディスク容量を節約できる

一方、デメリットとしては以下のようなものがあります。

・動的にページを生成するので、Webサーバの処理能力によっては、ページの表示に時間がかかる場合がある
・従来のPerlのプラグインが使用できず、PHPでプラグインを作りなおす必要がある

現在、ダイナミックパブリッシングをテストしているところです。ページの表示速度は特に問題ないですが、当方でテストした限りでは、以下のタグの動作に不具合が出ました。カテゴリー関連に不具合が集中しているようです。

・MTCategories
・MTSubCategories
・MTParentCategories

ネットで検索してみたところ、私と同様にカテゴリ関係に不具合があるという方の記事もありました。

3.11→3.121のバージョンアップで幾分ましにはなりましたが、まだ完全には解決していません。
まもなく3.14の日本語版がリリースされるようですが、ダイナミックパブリッシング関連の不具合が修正されることを希望したいです。


パソコンユーザーのプライバシーを脅かすソフトの1つとして、「スパイウェア」があります。

スパイウェアは、ユーザーの個人情報をこっそりと収集して、スパイウェアの作成会社等にその情報を送信するソフトです。
ユーザーの趣味に合った広告を表示したりするために、使われていることがよくあります。
何らかのソフトをインストールすると、スパイウェアが一緒にインストールされる、ということがあります。

スパイウェアはウィルスのように目だった破壊活動をするわけではなく、またバックグラウンドで動作しているので、存在に気づかないことが多いです。
しかし、知らないうちに個人情報が収集されているというのは、自分のプライバシーを守るという観点からは、見過ごすことはできません。


499ドルで買えるMac?

Macのファンサイトで、「今度のMacWorldで499ドルのMacが発表される」という話題が出ているそうです。
元記事はこちら

Macは以前に比べればだいぶ安くなりましたが、それでもWindowsマシンに比べると割高でした。
もし499ドルのMacが本当に発売されるなら、私も1台買いたいです。

私と同じように思う人は、おそらく他にも多いことでしょう。
499ドルのMacが出ると、結構なシェアを獲得するかも知れません。


大発会

今日(4日)は、株式市場の今年最初の取引日(大発会)でした。
昨日のアメリカの株価が安かったので、日経平均株価はマイナスからスタートしましたが、徐々に値を戻して、終値ではプラスで引けました。
幸先の良いスタートを切れて良かったと思います。

ちなみに、4年連続で大発会はプラスで引けているそうです。
元記事はこちら。



大納会

今日(30日)は大納会でした。

日経平均株価はほぼ高値で引け、終値は11488円まで上昇しました。先週に引き続き今週も堅調な動きでした。
年末という特殊要因は考慮する必要があるかと思いますが、良い形で終わってよかったです。

年初の日経平均株価は10800円程度でしたので、年足で陽線になりました。昨年に続いて2年連続の陽線です。
バブル崩壊以後、陽線が2年続いたのは1993年~1995年と今回の2回だけです。

このところ、景気が足踏みしているというようなニュースをよく耳にしますが、来年も今の調子で堅調に上昇して欲しいものです。
日経平均株価が来年も再来年も陽線が続くようであれば、日本の回復は本物と言えるのではないかと思います。

バブル以後の日経平均株価の年足

先頭 /385ページ 最後