Data API Library for Xamarin(その11・オブジェクト削除系メソッド)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Data API Library for Xamarinの解説その11です。
今回は既存のオブジェクトを削除するメソッドの使い方を解説します。

1.メソッドの一覧

オブジェクトを削除するメソッドの名前は、「delete○○○」のような名前になっています。
引数として、サイトのIDとオブジェクトのIDを取ります。
各メソッドで必要なIDは、以下の表のとおりです。

メソッド名必要なID
deleteEntrysite_id, entry_id
deleteCommentsite_id, comment_id
deleteTrackbacksite_id, ping_id
deleteCategorysite_id, category_id
deleteFoldersite_id, folder_id
deleteAssetsite_id, asset_id
deletePagesite_id, page_id
deleteSitesite_id
deleteRolerole_id
deleteLogsite_id, log_id
deleteTagForSitesite_id, tag_id
deleteTemplatesite_id, template_id
deleteTemplatemapsite_id, template_id, templatemap_id
deleteWidgetsetsite_id, widgetset_id
deleteWidgetsite_id, widget_id
deleteUseruser_id
deleteFieldsite_id, field_id
deleteFormattedTextsite_id, formatted_text_id

2.事例

例えば、サイトIDと記事のIDが、変数siteID/entryIDに入っているとします。
そのIDの記事を削除したい場合、以下のようなコードを実行します。

JObject resp = await api.Send("deleteEntry", siteID, entryID);
if (resp["error"] != null)
{
    削除エラー時の処理
}

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください