Data API Library for Xamarin(その8・単一オブジェクト取得系メソッド)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Data API Library for Xamarinの解説その8です。
今回は1つのオブジェクトを取得するメソッドの使い方を解説します。

1.メソッドの一覧

1つのオブジェクトのリストを取得するメソッドの名前は、「get○○○」のような名前になっています。
引数として、サイトのIDとオブジェクトのIDを取ります。
各メソッドで必要なIDは、以下の表のとおりです。

メソッド名必要なID
getUseruser_id
getBlogsite_id
getEntrysite_id, entry_id
getCommentsite_id, comment_id
getTrackbacksite_id, ping_id
getStatsProvidersite_id
getCategorysite_id, category_id
getFoldersite_id, folder_id
getAssetsite_id, asset_id
getThumbnailsite_id, asset_id
getPagesite_id, page_id
getRolerole_id
getLogsite_id, log_id
getTagForSitesite_id, tag_id
getThemetheme_id
getThemeForSitesite_id, theme_id
getTemplatesite_id, template_id
getTemplatemapsite_id, template_id, templatemap_id
getWidgetsetsite_id, widgetset_id
getWidgetssite_id, widget_id
getWidgetForWidgetsetsite_id, widgetset_id, widget_id
getPluginplugin_id
getFieldsite_id, field_id
getLikesForEntrysite_id, entry_id
getFormattedTextsite_id, formatted_text_id

2.事例

以下のような状況だとします。

  • サイトIDと記事IDが、それぞれ変数siteID/entryIDに入っています。
  • 記事の文章はフィルタしない状態で得ます。
  • 記事のタイトルと本文を、それぞれ変数title/bodyに代入します。

この場合の処理は、以下のようになります。

Dictionary<string, string> param = new Dictionary<string, string>
{
    ["no_text_filter"] = "1"
};
JObject resp;
resp = await api.Send("getEntry", siteID, entryID ,param);
if (resp["error"] != null)
{
    成功時の処理
}
else
{
    失敗時の処理
}

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください