Data API Library for Xamarin(その1・概要)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Movable TypeのData APIでは、各種のプログラム言語からMovable Typeのデータにアクセスすることができます。
そのライブラリの1つとして、クロスプラットフォーム開発環境のXamarinに対応したものを作りました。
Android/iOS/Windows Phone対応アプリの開発などに利用することができます。
今日はその概要を紹介します。

1.Xamarinの概要

Xamarin(「ザマリン」と発音)は、マイクロソフトが提供しているクロスプラットフォーム開発環境です。
iOS/Android両対応のアプリ開発はもちろんのこと、Windowsアプリなどの開発を行うこともできます。
プログラム言語としてはC#を使います。

Windowsでは、開発ツールのVisual Studioに同梱する形で提供されています。
またMacでは、Xamarin Stduioか、Visual Studio for Macで利用することができます(ただしVisual Studio for Macは本記事執筆時点ではプレビュー版)。
企業でアプリを開発する場合は有償ライセンスが必要ですが、個人であれば無償のライセンス(VIsual Studio Communityなど)を利用することができます。

2.Data APILibrary for Xamarinの概要

Data API Library for Xamarinは、Xamarinで開発するアプリに組み込むことができるライブラリです。
Movable TypeのData APIでのアクセスを行いやすくすることができます。

Xamarinでは、iOSアプリやAndroidアプリを開発する手法として、以下のどちらかを選ぶことができます。

  • ネイティブ開発に近い手法(Xamarin.iOS/Xamarin.Android)
  • ユーザーインターフェースの開発まで共通化する手法(Xamarin.Forms)

Data API Library for Xamarinは、上記のどちらの手法でも使うことができます。

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください