Googleマップカスタムフィールドプラグインを使った一覧地図の作成(前半)

「東京ラーメンマップ」など、地域ごとに店などの情報を集めたサイトを作りたいことは、よくあると思います。
先日公開したGoogleマップカスタムフィールドプラグインを使うと、そのようなサイトに、地域ごとの店一覧等の地図を入れることができます。

動作のサンプルのページのように、カテゴリアーカイブページに、地域ごとの店等の一覧地図を表示する基本的な方法を紹介します。
事例として、「全国観光地マップ」を作ることを想定した場合を取り上げます。

今日は前半として、データの入力手順を解説します。

1.データの構造

このシステムでは、ブログを使ってデータを入力します。

個々の地域(都道府県等)は、カテゴリに対応させます。
カテゴリ名を地域の名前とします。
また、カテゴリにGoogleマップのカスタムフィールドを追加し、地域の地図を表示できるようにします。

一方、個々の場所をブログ記事に対応させます。
ブログ記事のタイトルを、場所の名前にします。
また、ブログ記事の本文として、その場所の解説等を入れます。
さらに、ブログ記事にGoogleマップのカスタムフィールドを追加し、場所の地図を表示できるようにします。

2.カスタムフィールドの作成

まず、Googleマップのカスタムフィールドを作成します。

2-1.カテゴリのカスタムフィールドを作成

カテゴリで都道府県を表しますので、カテゴリにGoogleマップのカスタムフィールドを追加します。
テンプレートタグ名の設定は、ここでは「CategoryPrefMap」にすることにします。
また、カスタムフィールドの「オプション」の欄で、地図のサイズも指定しておきます。

カテゴリにGoogleマップのカスタムフィールドを追加

2-2.ブログ記事のカスタムフィールドの作成

ブログ記事で個々の場所を表しますので、ブログ記事にもGoogleマップのカスタムフィールドを追加します。
テンプレートタグ名の設定は、ここでは「EntryLocationMap」にすることにします。

3.カテゴリの作成

次に、個々の地域ごとにカテゴリを作ります。
そして、そのカテゴリを編集して、Googleマップの初期値を設定します。

Googleマップのカスタムフィールドでは、中心やズームを調整して、個々の地域の地図をすべて表示できるようにしておきます。
たとえば、東京都に対応するカテゴリでは、以下の例のように、東京都全体を表示できるように、中心とズームを設定します。

カテゴリの編集で地図の中心とズームを設定する

4.ブログ記事の作成

次に、個々の場所ごとにブログ記事を作ります。

前述したように、場所の名前をブログ記事のタイトルにし、場所の解説をブログ記事の本文に入力します。
また、Googleマップのカスタムフィールドで、場所の地図を表示するようにします。

ブログ記事に個々の場所の情報を入力する

MT Cloud Starter Kit
Movable Typeのプラグイン集「MT Cloud Starter Kit」をぜひご利用ください